問合せ

SNS

空き情報

鍼灸院ブログ

【お灸教室】咳と胃腸の治療

2017.09.10 カテゴリー:中医学のお話 喉の痛み、違和感 院長のたわごと 

 

先日から僕自身が、喉と胃腸の不調を抱えておりまして、その治療を自らやってみました。

 

自分自身の治療は足がメインです。

 

 

なぜなら鍼灸をやりやすいから(笑)

 

でも、喉やお腹に鍼やお灸をしなくても、治療出来るのは大きな魅力です。

 

今回は若干の食欲不振とこみ上げるような乾いた咳、ちょっとだけ喉が痛いということで、腎経をメインにお灸です。

 

 

鍼は照海というボーカリストの鍼によく使うツボを取っています。

 

あとは、脾経の太白にお灸と、見えないけど胃経の足三厘に鍼が刺さってます。

 

 

喉なのになんでこんなところにお灸?

 

 

という問いの答えは、お灸教室で!

 

おかげさまで満員になりました!

次回のお灸教室は10月後半を予定しています。

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


カテゴリー

Archives