問合せ

SNS

空き情報

鍼灸院ブログ

どうやって健康になる?

2017.10.12 カテゴリー:食養生 日々の養生 院長のたわごと 

 

どうも、2年連続健康診断無問題、健康優良児(おやじ)の村上です!

 

 

筋トレと糖質制限で肉体改造をする前は肝機能に問題がありましたし、とにかくダルくて外出する気にもならなかったのですが、いまは積極的に遊びに行くようになりました。

 

 

ホントの日々の体調は大切です。

 

 

心の在りどころがまったく違うのがわかりますよ。

 

 

よく眠れますしね。

 

 

 

さて、筋トレや有酸素運動が身体によいことは言わずもがなですが、やはり食べ物が大切です、健康のためには。

 

 

僕の健康維持の方法は、やはり食べ物について気をつけること。

 

 

何を食べるか、どのくらいの量を食べるか、食べなくて良いものは何なのか?

 

 

以前はほぼ炭水化物(≒糖質)を食べていなかったのですが、今はたまに食べてます。

 

 

炭水化物を食べない日もありますけど、外食などでは食べることが多いですかね。

 

 

どちらが良いとは言えないのですが、もっと身体を引き締めたり、キレのある動きをするためには糖質を制限したほうが、僕の場合は良いですね。

 

 

しかしですね、糖質制限というと、お米やパン・うどん・パスタ・ラーメンを食べないという印象が強いですが、その前に制限したほうが良いものがあります。

 

 

それはスポーツドリンク、コーラなどの甘い飲み物、そしてスナック菓子類です。

 

 

特に、熱中症対策にスポーツドリンクというのは、ぼくは間違っていると思います。

 

 

そういう宣伝してますけどね。

 

 

足りなくなるのは「塩」であって「糖分(糖質)」ではないですから。

 

 

スポーツドリンクは甘い。

 

 

大量の砂糖が入ってます。

 

 

汗をかいた分、スポーツドリンクを飲んでいたら肥満、そして糖尿病にまっしぐらですよ。

 

 

高校の部活並の運動をしているならば、まあギリ許せますけど大人になるとそれほどの運動はしていないでしょう、強度も運動時間も。

 

 

スナック菓子類は、たまに、例えば1週間に1度くらいは良いと思うんですけど、毎日食べてたら身体壊します。

 

味はしょっぱいですけど、ほぼ糖質ですから。

 

糖質はジワジワと身体を蝕んでいくので、原因が「それ」とは気づきません。

 

甘いペットボトルの飲み物、スナック菓子、カップラーメンに、身体を作るための「栄養」はほとんど入ってませんしね。

 

 

身体を作るにはタンパク質、良質な脂質、適切なビタミン・ミネラルが必要であって、糖質はまあ食べなくても良いかな、という感じ。

 

 

お米食べないのか〜!

 

と叫ぶ前に、もし、甘いペットボトルの飲み物、コーヒーや紅茶に入れていた砂糖、おやつ、別腹デザートなどを食べているならば、それを我慢してみましょうよ。

 

それにお米やうどん、蕎麦など、それ自体は悪くないんです。

 

食べ過ぎてしまうからダメなんです。

 

 

過剰な糖質摂取が肥満につながることは、人間の生理現象であって純然たる事実です。

そういう研究結果が出たとか、そういうレベルではないんですよ。

お風呂上がりにスポーツドリンクを飲んでいたら確実に太ります、つまり不健康になります。

 

 

どうか自分の健康に目を向けてみてください。

 

 

飲み物は「水」が1番よいです。

 

体格にもよりますが、小さい方でも1日こまめに2リットル以上飲むのが良いと考えています。

 

僕は3リットルくらい飲んでいます。

 

お茶や紅茶も飲んで良いですけど、基本は水。

 

おやつはアーモンドやくるみなどのナッツ類が良いですよ。

 

 

 

 

とかなんとか言っておきながら、二郎インスパイアを食べてしまった、僕を許してください(笑)

 

 

蔵前橋通りにあるラーメンイエロー、麺半分! 基本僕の糖質摂取は朝か昼です。ラーメンは食べても月に1回くらいかな〜

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Archives