問合せ

SNS

空き情報

鍼灸院ブログ

 

いつか女性陣が吸い玉をトレンドとしてモテはやすときが来る!

 

 

っと言ってはや2年(去年も同じこと言いました)。

ここに来て吸い玉が人気!

 

 

吸玉は腰痛や肩こりはもちろん効きますし、中医学的にみて「湿邪」「瘀血」に身体が侵されているとき、特に効果を発揮します。

 

また、がんこな「咳」に対しても有効です。

 

 

美容鍼+全身調整のモニターになってくださった方が、再度ご来院くださいました。

 

1度目のご来院時から「咳が止まらない」ということで、鍼灸でアプローチしていたのですが、2週間後の再訪の際も咳は止まっていませんでした。

 

鍼灸で効かなかった場合、見立て(弁証論治といいます)が間違っていたか、間違っていなくても「痰」などが物理的にしつこく張り付いていて咳が止まらないことが考えられます。

 

せっかく2度目のご来院なので咳をなんとかしなくてはなりません。

 

そこで今回の治療では吸玉を選択しました。

 

指圧や鍼灸は言わば「押す」治療。

 

吸玉は「引く」治療です。

 

全く性質が逆なんですよ。

 

吸玉を提案したとき、患者さまはちょっと不安だったようですが、後日SNSにこんなコメントをくださいました。

 

 

あれほど咳が出ていたのに、思えば昨日からほぼ出ていません!
半信半疑でしたが、本当に効いたようです(^^)
ありがとうございました!

 

 

背中のツボ「肺兪」をメインに深い呼吸を司る「腎兪」にもアプローチした吸玉が効いてくれましたね。

 

 

鍼灸の治療は奥深く、そして面白いです。

 

 

薬を使わないので安全に、自身の治癒能力を引き出してくれます。

 

 

吸玉はこんな効果も期待できますよ。

[吸玉の効能と効果の見込める症状]
① 血液をきれいにする
② 血行を良くする
③ 血管をはじめ組織を強化する
④ 皮膚の若さを保つ
⑤ 関節の働きを円滑にする
⑥ 内臓諸器官を活発にする
⑦ 神経を正常に調整する

頑固な肩こりや慢性腰痛

消化不良や便秘

慢性疲労、疲れやすい体質

自律神経失調、ストレス、不眠症

婦人科疾患、生理痛、生理不順、むくみ、冷え

 

 

通常の鍼灸治療に組み込めます(オプション)。

 

一度お試しください。

 

肺兪を中心に上部のツボへ。また肩井、天宗にも。写真には写ってませんが、腎兪にも吸玉をしてあります。

クッキリあとが付いてますね。

やはり腰のツボ「腎兪」にも影響があったようです。

 

 

 


 

2018年6月3日(日)「筋トレ講座・糖質制限編」をアンコール開催!

健康になってストレス軽減しましょう♪

納得行く形で糖質制限が学べます。筋トレも!

詳しくはこちらの記事から!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Archives