問合せ

SNS

空き情報

鍼灸院ブログ

同年代もどこか痛い、どうにかしよう

2020.02.15 カテゴリー:肩こり 腰痛 2週間チャレンジ 中医学のお話 五十肩 自分のカラダを知っておく 日々の養生 院長のたわごと 

 

先日僕がドラムを担当している沢田研二さんのカバーバンドのリハーサルがありました。

(2020年4月3日(金)目黒ライブステーションでライブが決定していますので、ぜひ!)

 

 

スタジオに入ってから、なぜか痛みの連鎖。

 

【ボーカルのD子氏】

「以前折った大腿骨のあたりがさっきから痛い!」

左の股関節を庇うように歩いています。

 

 

【ギターのO氏】

「五十肩が治らんで左肩が痛い!」

腕は水平までしか上がりません。

 

【キーボードのA子氏】

「右肘がテニス肘って言われてて前から痛いの!」

右肘に違和感があるようです。

 

【ベースのK子氏】

「膝の内側の関節がなんか痛むの」

あんたもかい〜!

 

【ドラムの俺氏】

あたしゃも少し背が欲しい〜(玉川カルテット)

 

 

 

母の年代だけでなく、同年代も痛がってますね。

 

というわけで、とりあえずなんとかしたい。

この日は鍼を持っていなかったので指圧でなんとかしてみます。

 

経験上、痛いところにアプローチしても大抵痛みは治りません。

 

痛みが出るのは東洋医学だと「不通即痛」といって気が通ってないと痛くなることになっています。

 

そこで痛い箇所を通る経絡の流れの先のツボを使います。

 

そこをギュッと押す。

 

押されたところは痛いですけど、本来の痛みの箇所の痛みがおさまることが多々あります。

 

経絡に氣が流れたのか、「人間は痛みを1箇所にしか感じ取れない」らしいので、それが関係あるのか、完全に「これです」と証明は出来ないんですけど、とにかく痛みは取り払われます。

 

鍼灸治療は経験則の積み重ねなので、現代の医療のように「科学的な証明」が難しいのですが、はっきりとした原因がわからない「なんとなく痛い」とか「昔の痛みが振り返してきた」とか「検査で数値上は問題ないけど痛い」などで苦しんでいるならばやってみる価値があると思います。

 

どちらが優れているとかそういう問題ではないのです。

 

鍼灸師の治療はとくに「安全」が第一で、医師ような「診断」をしてはいけないことになっています。

医師との連携を心がけていますし、僕なんか患者さんに聞く第一声は「病院には行ったのか?」ですよ(笑)

 

 

でもね〜、経絡の流れは存在するとしか思えないことが山ほどあるんですよ。

 

僕自身も鍼灸治療で絶望状態から復活してますからね。

 

とくに今回メンバーに行ったのは押してちょっと痛くても、安全な治療法。

すぐに最初するかもしれない、でもそのまま治る場合もあります。

安全ならやってみるべきでしょ、痛いの嫌だし(^○^)

(これに「治療」というワードを使っていいのか、という議論は置いといて(笑))

 

 

では、経絡に「氣」を通すために痛い思いをしているメンバーの悶絶顔をどうぞ(笑)

痛みのあとに脱力出来ますよ〜♪

 

これは「とりあえずなんとかする」というやり方で、実際の治療とは違います、念のため。

 

 

や〜め〜て〜!!みたいなw

D子氏悶絶w

ギターのO氏の肩甲骨を後ろから押してるところ。

若干O氏涙目(笑)

 


 

 

糖質制限2週間チャレンジ2/15(土)朝の計測

体重:71.5キロ(前日71.5キロ、開始前73.8キロ)
体脂肪:21.7%(前日21.7%、開始前23.3%)
お腹:出てるよ、相変わらず

前日から全く変わらず!

この日はキックおやすみでほぼ運動してなかったんですけどね。

 

朝はブランパンとキャベツのサラダ、牛肉と大根のスープ

昼過ぎに小腹が減ってブランパンに卵とキャベツとチーズとバターを乗せて

 

 

夜はスープに緑豆春雨を入れてちょっと食べ、ほぼ寝る前にナッツとウインナーを食べてしまった(笑)

糖質制限生活は食べ物が単調になりがちなので気をつけなくては。

 

 

 

糖質制限の基本的なやり方はこちらからどうぞ

真実ってなに?(糖質制限の場合その5)

村上鍼灸院のお問い合わせ・ご予約はLINEからどうぞ
友だち追加

ご予約フォームからのご連絡もできます

お電話はこちら

tel:090-4628-8253

健康&ドラムについての質問は随時受け付けております。

 

 

追加発注しますのでお好きなカラーをどうぞ!!

(追加発注!)脱力Tシャツ・脱力パーカー・脱力ブルゾン2/19(水)締切!

脱力Tシャツ・パーカー在庫状況(2020.5.2更新)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


カテゴリー

Archives