問合せ

SNS

空き情報

鍼灸院ブログ

老眼トークで盛り上がり、本気で自分治療

2020.10.02 カテゴリー:老眼 院長のたわごと 

 

たまには音楽!

 

ということでコロナ対策バッチリな感じのセッションに参加しました。

 

基本ジャパメタセッションなので同年代が多いのですが、トークの内容は音楽のことではなく

 

老い

 

について(汗)

 

 

 

まあ、人間誰もが通過する儀式みたいなものでしょう。

 

このブログを10代、20代の人が見る確率は低いかもですが、あなた方にも必ずくるのです、老いがww

 

 

まず老眼ね。

 

近いところはメガネをはずさないと見えない。

 

ちょっと遠くは見えても、手元のスマホは見えないのだよ。

 

 

そして若干耳も悪くなり始める。

 

もしかして鼻も?

 

 

しかし、同年代の会話は質問と答えが噛み合っていなくても、最後は笑顔で終わって仲良し、成立しているのだ(断言)

 

 

話は聞いていない(聞こえていない)、答えもあまり聞こえない。

 

なので笑顔でウンウンとうなずく。

 

大丈夫、仲良しだから(笑)

 

 

で、ワタクシ一応鍼灸師なので、自分の老眼は自分でなんとかしてみようと本気で考えております。

 

身体は早朝キックボクシングのおかげで絶好調よ。

でも目は見えなくなるんだよ!

 

1人親方なので誰かに打ってもらうわけにはいかず、自分で鍼。

 

 

とりあえず目の周りの有名ツボを使って1週間試してみます。

足にも「光明」といういかにも目に良さそうな名前のツボにもやっておきました!

もちろん「太衝」にもね。

 

本当は背中のツボで全身を調節した上で(自分がかんじゃさんに施術してるみたいに)治療したいところですが、まあ仕方ない。

 

 

使っているツボは

太陽(たいよう)

攅竹(さんちく)

四白(しはく)

 

みなさんも押してみてくださいね〜♪

僕は寝るときに張って寝ます。

1週間後、忖度なく結果を報告いたしますよ!

 

誰かモデルやりますか?いや、やってください(すまん、ワイの変顔でw) 眉のがさんちく、目の下が四白(クマにも効くぞ)、こめかみが太陽。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


カテゴリー

Archives