問合せ

SNS

空き情報

鍼灸院ブログ

争いごとをなくしたい

2016.03.03 カテゴリー:村上鍼灸院について うつ 不定愁訴 治療について 体質改善 

 

kenka

 

 

 

 

 

 

私は争いごとが嫌いです。

ちょっと考え方が違うだけで攻撃的になるような人が苦手なんです。

 

 

私は褒められると嬉しくなり、もっと頑張ろうと思います。

笑顔で接してくれる人が好きです。

だから自分もそうしようと努めます。

 

 

相手を尊重し、その考え方を受け入れると、相手の良い所をたくさん見つけることができます。

そういう関係がお互いに築けたら世の中楽しくなること間違いありません。

考え方は「人それぞれ」ですから♪

 

 

 

鍼灸院には「西洋医学に嫌気が差した」という患者さんが少なからずいらっしゃいます。

逆に、かつての私のように鍼灸や漢方など東洋医学をまったく信じない人もいます。

 

しかし、どちらも素晴らしいところがある、ということは疑いようもありません。

 

 

西洋医学の発展がなければ、そもそも私たちは産まれてくることさえ難しかったかもしれませんし、

東洋医学はその治療体系が確立されてから2000年以上経っていますが、現在でもなくならないのは治療効果が認められているからでしょう。

 

誰にでも得手不得手がありますから、お互いの足りないところを補え合えば、それこそ最高の治療ができるはずです。

 

私は鍼灸師で主に中医学(東洋医学)を勉強していますが、今回の入院では本当に病院の方々にお世話になりました。

もし自分がガンだったら、東西合わせた治療を自分に施すつもりでした。

 

 

自分の考えと違うだけで相手を攻撃する人は、そうしないと自分が不安になるからではないでしょうか?

 

ひとつ受け入れられないことがあっただけで全てを否定するのはどうかと思うのです。

 

西洋医学でも東洋医学でもその他の様々な治療法でも、病を治そうというその志は同じはず。

 

「こっちの治療が正しい!」と争っても意味はありません。

 

 

むしろ争うことによってストレスになり、やがて病になってしまうでしょう。

 

 

このような話は治療法だけではありません。

 

国と国でも人と人でも、お互いを認め合えば、争いごとは無くなるはずです。

 

考え方は人それぞれなんですから。

 

そんな世の中になりませんかね?

 

そうすれば私も過ごしやすくなるのですが。

 

はい、争いごと、キライなんで♪

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Archives