WEB予約

SNS

空き情報

鍼灸院ブログ

繋がっていることの強さ

2016.10.28 カテゴリー:院長のたわごと 

 

昨日はiPhoneがクラッシュして一騒動でした。

 

ご迷惑おかけして申し訳ございません。

 

結局うんともすんとも言わず、保証期間ということで即新品と交換、元々綺麗に使っていたので新品感は全く無く、ただ単に各種設定がリセットされ画像や動画を失うという事態になったのでした。

 

 

でも、朝起きて昼の11時半には新品になっていたので、素早い対応に感謝しています。

 

そして夕方には新規の方から予約の電話が入りました。

 

これも「繋がっていた」から実現したことだと思うんです。

 

はじめはドコモショップに行こうと思ったのですが、そこじゃなくて「アップルに行け」と教えてくれたのは僕の高校の時の先輩。

 

そして夕方に予約のTELをいただいたのは「紹介の紹介」の方でした。

 

まずCREAを見てがご来院した患者さまがおりまして、

その方の紹介で患者さまがご来院いただき、

またその方のご紹介でTELをくださったのです。

 

先輩がアップルに行くことを教えてくれず、電話が通じなかったら今回の方はもう来なかったかもしれません。

 

 

人間関係が希薄になってきていると言われて久しいですが、こうやって繋がっているのってやっぱり大切ですね。

 

 

今日行った歯医者を教えてくれたのは鍼灸学生時代の先生。

 

画像のシューマイ弁当をくださったのは「後輩の紹介で来た患者さまの紹介で来た方」。

 

 

おお、やはり、突然つながるよりは、何かしらで繋がっていたところから広がっていく可能性のなんと高いことか!

 

 

そういえば経絡の流れも体中を巡り巡って元の場所に戻って来ますね。

 

 

これからも繋がりを大切にしていかなければ!!

 

 

 

では、いただきます。

 

 

shumai

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Archives