問合せ

SNS

空き情報

鍼灸院ブログ

【番外】レギュラーグリップのすゝめ

2017.09.12 カテゴリー:(番外)音楽のこと 院長のたわごと 

 

さあ、ドラムの「今更ながら分かったシーリズ」です(笑)

 

 

ドラムでもなんでも「理にかなった動きをする」ということが正義とわかってきた今「理にかなった動きとはなんぞや?」と考えるようになりました。

 

 

とすると、人間の身体の自然な動きを重視しなければなりません。

 

スティックを振り上げ、下に降ろすと音がなるので、この動きにヒントがあるのかなあと、漠然と思っていました。

 

振り上げるとき、肘と手首を使うのはすぐに想像がつくので、一生懸命練習しました。

 

でもあまり上手くなりませんでした、特に左手は。

 

振り上げるだけじゃダメなのかな?と思っていたんですけど解答が見つからないので、とりあえず腕にある筋肉全部鍛えてみようということになりました、僕鍼灸師なので筋肉全部わかりますし(笑)

 

すると、今まで意識してなかった動きがあるのに気づいたんです。

 

 

ここ、「今さら!?」ポイントです(笑)

 

 

それは手首を回転する動きです。

 

ドアノブを回すようにクルクルと手首を回してみましょう。

 

 

右手は結構素早く回りますが、左手はぎこちないです。

 

 

この動き、叩くという動作のときにめちゃくちゃ使ってました。

 

 

しばらく左手首をクルクル回してたのですが、この動きがレギュラーグリップの動きだと気づきました。

 

 

それからずっとレギュラーグリップを練習してます。

 

 

練習してから通常のマッチドグリップにすると凄く左手の動きが良いんですよ!

 

 

 


レギュラーグリップって全然できなかったんですけど、脱力を覚えたのと、youtubeでドラムを教えてくれる動画を見てたら「レギュラーグリップは手首の回転のみで叩く!」と力説していて、それを実践したらわりと出来るようになりました。

 

 

今まではレギュラーのやり方がわからないから、持ち方こそレギュラーだけど手首をマッチドグリップでやっているようにクニャクニャと上下に動かしていたんですよ。

 

だからできなかったんだなあと。

 

 

この回転の動きは、マッチドグリップでも使われていて、特に親指を上に持ってくるとよくわかります。

 

 

「スティックを振り上げる動き」は、人間の構造的に手首を上下に動かすだけでなく回転も使われているんだわ、と思うとレギュラーの練習にも力が入ります。

 

ちなみに前腕には2本の骨がありまして(橈骨と尺骨)、手首を回転させると写真のように交差するんです。

 


 

どうせだったらこういう動きも使わないとねえ。

 

 

そんなこと思いながら上手いドラマーの動画を見るとめちゃめちゃ手首回転させてますよ。

 

 

うーん、今は色々出来ないことだらけですが、このまま練習していけば出来るようになる気だけはします(笑)

 

 

出来そうな気になるので練習が楽しいですよ。

 

 

てか、毎日が楽しい♪

“【番外】レギュラーグリップのすゝめ” への2件のフィードバック

  1. 片渕 正宣 より:

    なるほど!(^ ^)
    私も今日からレギュラーグリップ練習しますわ!(*´∀`)♪
    晩年はジャズもやってみたいので!(o^^o)

    • 管理人 より:

      ぜひぜひ、お試しあれ!
      繊細なプレイはやはりレギュラーが良いと思います!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Archives