問合せ

SNS

空き情報

鍼灸院ブログ

偉大な師匠の命日

2017.11.30 カテゴリー:(番外)音楽のこと 院長のたわごと 

 

11/30は僕のドラムの師匠、樋口宗孝(ひぐっつぁん)の命日です。

 

1991年の10月から約5年、第三期ラウドネスが立ち上がる頃からSLYのサードアルバム、そしてひぐっつぁんの2枚目のソロアルバムあたりまでローディをしていました。

 

その偉大さは関われたことに恐縮してしまうほどです。

 

当時は一緒にいるのが当たり前で、その状況をなんとも思っていなかった僕は本当に大馬鹿野郎ですわ。

 

今だったら聞きたいことや話したいこと沢山あるのにな〜。

 

 

ドラムのことも、それほど話してなかった気がします。

 

「お前なんかドラムのこと聞く事ないんかい〜!」

 

なんて怒られたことありますから(笑)

 

若い頃のひぐっつぁんはポンタさん(超有名ドラマー)に会うたびにドラムのことを聞きまくってたらしく、お店で遭遇すると「なんだよ樋口あっちいけよ」と、半ば呆れ気味に言われてたらしいですよ。

 

でも

 

 

「そんなこと言わないでくださいよ〜、あのフレーズどうやってるんですか?」

 

 

とめげずにやっぱり聞きまくってたらしいです(笑)

 

 

さすが師匠!

 

 

あとね、ひぐっつぁんはドラムだけってイメージでしょうけど、実はギターもピアノも少し出来るんです。

 

 

レコーディングスタジオにあったピアノをポロロンと弾き始めたときは本当にびっくりしましたよ!

 

 

 

そしてギターもです!!

 

 

 

 

証拠写真はこちら!

 

 

 

 

SLYローディチームでジェロニモ、くんくん(僕)、そして師匠! この写真は田中丸が持ってたw

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただ持ってるだけでなく本当に弾いてました。

 

 

 

肉体的で豪快なドラムを叩くんで他の楽器をやるイメージはないかもしれませんが、いやいやそんなことはありません。

 

 

ゴルフ、ボーリング、ビリヤード、ダーツなどをはじめ、何をやっても瞬時にそのときの身体の使い方がわかるみたいで、あっという間に上手くなっていくんですよ。

 

スポーツだけでなく何か決めなければならないときの決断力、ものごとの推進力なども凄かったですし。

 

心(イメージ)と身体がリンクしている感じでしょうか。

 

 

これだけの人ですから、多少のお茶目は目をつぶろうってなりますわ(笑)

 

 

命日だけは、思いっきりひぐっつぁんを思い出して、ジャックダニエルをちびちびやろうと思います。

 

今僕が生かされているのはひぐっつぁんのおかげです、ありがとうございます!

 


これはひぐっつぁんファンの方が僕にくれたメッセージです。

ほんとにそうだなあ、と思いますね!

いつひぐっつぁんを観てもカッコ良すぎて見入ってしまい、またドラムプレイでも強烈に圧倒されて楽しい時間があっという間に終わってしまうと言う、ほんまのロックスター樋口宗孝でした(笑)

“偉大な師匠の命日” への2件のフィードバック

  1. 岡▲ より:

    僕も昨日のウチにジャックダニエル買いまして…帰って一杯だけでも呑もうかと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


カテゴリー

Archives