問合せ

SNS

空き情報

鍼灸院ブログ

 

NAKED MACHINEのワンマンライブに行ってきました。

 

このバンドのドラマーはFLATBACKER、E・Z・O、浜田麻里、LOUDNESS、ANTHEMなどを渡り歩いたスーパードラマー、本間大嗣さんです。

 

世界のバンドを渡り歩いたコージー・パウエルのまんま日本版と言った感じですね!

 

REACTIONやGRAND SLAMでも叩いてらしたし、あとはもうEARTHSHAKERあたりで叩いてくれれば日本のハードロックバンド制覇ですわ(笑)

 

バンドはほんとにカッコよくて、素晴らしい演奏を聞かせてくれました。

 

曲がいいんですよ、曲が!

 

ボーカルのKANちゃんも聴かせてくれましたね〜、EZOの曲も頑張って歌っておりました!

 

 

僕はというとやはり注目してしまうのが本間さんのドラム。

 

出音がスゴイです。

 

タイコの音を全部鳴らしきっている感じ。

 

特にバスドラム。

 

今回はPAからの低音があまり出ていなかったのにもかかわらず、バスドラの音は生音でビンビン聞こえてきましたね!

 

周りの音に埋もれず客席まで聞こえてくるというのは、タイコを鳴らしきっているからだと思います。

 

スゴくしなやかで柔らかい感じで叩いているのに、爆音でなおかつ芯のある音。

 

ロックだぜ!!

 

これは生で、LIVEで是非体感していただきたい。

購入したCDの2曲目など本当に素晴らしいグルーヴでツーバスを叩いておられますが、レコーディングされた音とLIVEは違いますよ。

グルーヴも音源より生のほうが感じやすいので、空気感というか、溢れ出てくる「何か」を実感出来ると思います。

 

 

終演後にちょっとお話させていただいたのですが、バスドラを叩くときも全然力を入れていないとおっしゃってましたね。

 

ビーターが戻ってくる反動を使っているだけだと。

 

ようはタイミングなんでしょう。

 

余計な力は一切使っていないで、出したいタイミングでビーターを跳ね返してあげると、その瞬発力で

 

 

ドン!

 

 

とキレの良い芯のある音になるのではないかと思っています。

 

 

力で叩くと音が濁るというか、ヘッドの音がメインでなってしまい胴鳴りが減ってしまう感じになってしまいますね。

 

 

僕が朝にキックボクシングに行っているのも、身体の軸を作って力を入れずにサンドバッグを蹴る感覚を覚えるためです。

いや、力を使って足を動かしてますから「力を入れない」という言葉通りの動きじゃないのですが、上手く速く重く蹴れたときの感覚は「力を入れていない」という表現にどうしてもなってしまうのです。

 

これがバスドラムを踏むときの感覚に似ているのではないかと。

 

言葉で伝えるのは難しいのですが、「ドラムの叩き方」や「蹴り方」というより「身体の使い方を学ぶ」という感覚でなにごとも練習したほうが上手くいくような気がします。

 

本間さんのドラムを叩いてる姿はホント柔らかいんですよ。

 

でも強い。

 

柔らかくてしなやかなほうが、強い。

 

身体も頭も硬いとダメだと(笑)

 

う〜ん勉強になります、また行きます!

 

本間さん、そしてNAKED MACHINE、ありがとうございました!

 

 

スティックが長い!だけど柔らかい!!

ド派手なツーバスセット!!

NAKED MACHINEさん、ありがとうございました!

ボーカルのKANちゃんと!


 

“プロに学ぶ身体の使い方” への2件のフィードバック

  1. とある樋口様信者 より:

    ども。我が師匠のライブに参戦されたのですね。

    >ビーターが戻ってくる反動を使っているだけだと。
    これなんですよね。ビーターは水平以上に返ってます。

    無駄な力がなく、
    全体の動きがいつもスムーズに連動してます。

    あと、ほとんどつまづいたことがないというセンスが凄い!

    • 管理人 より:

      お邪魔してきました(笑)
      無駄な力使ってたら2時間のLIVEとか絶対に持たないですものね。
      身体との対話を大切にして頑張りたいと思います!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


カテゴリー

Archives