問合せ

SNS

空き情報

鍼灸院ブログ

素振りは大切やで(師匠のお言葉)

2019.05.18 カテゴリー:(番外)音楽のこと 「脱力」して健康に 自分のカラダを知っておく 日々の養生 院長のたわごと 

 

と言っても、ゴルフのことなんですけど。

 

僕のドラムの方の師匠、樋口宗孝氏のお言葉であります。

 

うちの患者さんが飲み屋でひぐっつぁん(樋口さん)に遭遇したとき熱弁していたそうです。

 

 

 

ゴルフは素振りやで!

 

 

 

と。

 

 

そして自宅でタオルをクラブ代わりに素振りをしていたのだとか。

 

 

ドラムでも素振りは超大切でドラム雑誌を読むとひぐっつぁんも若い頃はよくやっていたそうですが、僕も今更ながらドラムの素振りをやっていて練習の8割くらいは素振りです。

 

 

それも振りをわざと大きくして腕をしならせるように。

 

 

それを実現させるためには身体の軸がブレていないことが重要で、振り上げた腕を今度は瞬間的に脱力させて振り下げる感じです。

 

 

このことと同じなんですかね、師匠いわく、ゴルフは素振りだと。

 

 

素振りをして体重移動の確認をしていたのだと思います。

 

想像するに、クラブをギュッと握ってはダメだと思うし、大きく振りかぶってフォロースルーも大きいゴルフは脱力の集大成なんじゃないかと。

 

ひぐっつぁんはゴルフだけじゃなくてビリヤードとかボーリングとか、あとダーツ、なんでもすぐに上手くなるんですよ。

 

真面目なのでめっちゃ練習しますしね。

 

でも、ただ練習するだけでなく、ちゃんと考えている感じがします、いま思うと。

 

ゴルフもただ打ちっぱなしに練習しにいくのではなく、自宅でタオルを使ったイメージトレーニングをした上で行ってたんだな〜と。

 

 

ほんと勉強になります!

 

身体を上手に使う。

 

これって絶対に健康に役立つと思いますしね。

 

 

そういえば、師匠の口癖は「研究」だったわ。

 

 

僕も精進しなくては!

絶対ゴルフも脱力でしょw

 


すべては脱力から!

脱力Tシャツ発売中!!

脱力Tシャツ、新色入荷しました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


カテゴリー

Archives