WEB予約

SNS

空き情報

鍼灸院ブログ

ドラムってメンタルとボディバランスだ!(多分w)

2021.09.17 カテゴリー:(番外)音楽のこと 院長のたわごと 

 

今度浜田麻里さんの「Tokio Makin’ Love」をライブでやるんです。

 

 

何回もセッションで叩いてるんですけど、以前は全然しっくりこなくて、リズムとオカズが。

 

いわゆる典型的なシャッフルビートで「ドットタン、ドットタン」の繰り返し。

でもサビの入り口やサビの途中でシンコペーションが入るんですよ。

「ドットタン、ドットタドーントタッ」

みたいに。

ドラムやってない方、意味わからんかもですが、すんません(笑)

 

このシンコペーションのバスドラ&シンバルのところでつんのめったり、バスドラの音が小さくなったり、バスドラとシンバルを同時に叩けなかったりするわけです。

 

シンプルなビートなのに、キープできない。

 

つまり、力が入っていて脱力出来てないってことですね。

力んでシンコペーションするもんだから僅かながらにリズムが速くなっちゃったりもします。

 

サビの前の長いオカズから、サビに入る『ドーン』ってとことか。

動画の0:45からがサビです。

バスドラがつんのめりがちです(こんな日本語あるのか?w)

 

簡単なフレーズなのにできない。

 

これってボディバランスだと思うんですよね。

 

両手を前上方のシンバルを強く叩くため腕を放り投げるような動作をして「ドーン!」って勢いよくやるから重心が前のめりになってしまって、体を支えるために、力む。

 

ゴルフで言うとダフるみたいな感じかな。

 

最近は脱力するためのフォームが安定してきて、ようやくこの曲のリズムも安定してきたけど、時間かかったな〜。

 

あと、サビ前のオカズの、「体の感じ方」ね。

ひぐっつぁんはこのオカズの最中もリズムが鳴っているように感じるのよ。

そう、リズムとオカズは同じグルーヴなの。

これすごく大事で、脱力して何を叩いても手足ともにブラブラさせてるイメージにしたらできるようになってきた(と、思うw)

 

 

メンタルもすごく大事。

ハラハラしてたらハシルもん。

 

ハラハラじゃなくて、ブラブラ。

 

だらーんとしてライブ頑張りますw

 

 

(おまけ)
ちなみに今のフォームはこんな感じ。

猫背で顎がちょっと上がってるくらい。

日常生活ではダメだけど、ドラム叩いてる時はこの姿勢が1番だらっと出来るんだ。

なんでかな?

ま、現時点では、という話だけどね。

 

 

 

 

ご質問にも絶賛お答え中!

ドラムのこと、健康相談、各種お悩み、ご自身の姿勢の画像などを送ってくださっても構いません♪



下のLINE友達追加からご連絡くださいませ〜!

ちなみにLINEの「友達追加」をしても僕のところには登録人数が増えたことがわかるだけで、

誰が登録したのかは分かりませんのでご安心くださいw


村上鍼灸院のお問い合わせ・ご予約はLINEからどうぞ

身体の健康、ドラムの質問などを受け付けています。
コメントやメッセージでお知らせください。

友だち追加

ご予約フォームからのご連絡もできます

お電話はこちら

tel:090-4628-8253

 


脱力Tシャツ、脱力マスク、脱力トートバッグ絶賛発売中!

新作もあるでよ〜!!

これとか

【脱力Tシャツ】オリジナル脱力グッズ

 

こんな鍼や整体をしてます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Archives