問合せ

SNS

空き情報

鍼灸院ブログ

【番外】師匠のお言葉(ドラマー向け)

2016.08.16 カテゴリー:(番外)音楽のこと 

 

前回の記事の「どうやってBURNを完コピしたのか!?」はひぐっつぁんの考え方を知る良いヒントになればと思って掲載したのですが、今回はドラムの叩き方についてのヒントをもらっていたのを突如思い出したので書き留めておきます。

 

ドラムの叩き方について良く言われているのが、

 

「手首を使って叩く」

 

というのがありまして、僕も無駄な動きをしないために手首にスティックを置いて練習したものです。

 

 

こんな感じに。

 

tekubi

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

ローディをやっていたときも、空いてる時間にパットに向かって、手首を動かさず練習していたのですね。

 

そしたら、ひぐっつぁんがやって来て言うのです。

 

 

 

「そんな手首だけで叩いてたら疲れへんか?肘とか使ったほうがええんちゃう?」

 

 

 

 

 

疲れるというか、ドラムってこう叩くんじゃないんすか!?

 

 

「あ、いや手首に柔らかくしようと思って・・・」

 

 

 

というと、

 

 

 

「俺は(ドラムセットを叩いていれば)叩けば叩くほど手首柔らかくなるで」

 

 

 

と言って去っていったのです。

 

 

 

この時はなんとも思っていなかったのですが、20年以上経った今、このことが凄く重要だったことに気づいたのですよ!

 

 

そうです、

 

 

脱力

 

 

ですよ!

 

 

 

手首を使うのはもちろんですが「肘」がガチガチになっていたら柔軟性は失われますよね。

 

 

 

 

ひぐっつぁんの教え方はあんまり解説する感じじゃなくて(そもそも教えてもらう時間が珍しかったが)、

「これをやってみろ」

的な感じなんですよ。

 

 

 

自分は出来ちゃうもんだから、僕がやるドラムを見て

 

 

「なんで出来へんねん!」

 

 

とよく怒ってました(笑)

 

 

ひぐっつぁんの映像を見るとおもいっきりぶっ叩いているようですが、実は脱力しているんですね〜。

 

特に再集結後のLOUDNESSではそれを強く感じます。

 

 

ひぐっつぁんの言葉への感じ方は人それぞれだと思いますが、何かの参考になれば。

 

また思い出したら書いていきますね。

 

 

 

 

 


治療をするのは私です。 

カップルはもちろん、女性お二人、男性お二人でのご来院をお待ちしております。


これを機に美容鍼はもちろんですが、全身施術による鍼灸治療の素晴らしさを体験してください!

治療料金・アクセス

 

美容鍼モニターになってくださる方、募集します(1日お一人様に限る)。
美容鍼の価格5000円のみで全身治療もさせていただきます。
ビフォー・アフターの掲載をご承諾ください。
直接TELか下の「予約フォーム」からご連絡ください。
よろしくお願いします。

なぜ美容鍼か?

その考え方を書いた記事はコチラです。

yuka3_3

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


カテゴリー

Archives