WEB予約

SNS

空き情報

鍼灸院ブログ

「Vorchaos(ヴォルケイオス) 」のLIVEを見に行きました!

2016.10.16 カテゴリー:院長のたわごと 

 

人との繋がりとはほんと面白いものです。

 

 

10年前ほどに音楽関係で知り合ったN君が実は同じ高校だったとわかったのが数年前。

 

N君からの紹介で当院に来た患者さまの息子さんがバンドをやっておりました。

 

そのバンドは僕の師匠である樋口宗孝(ラウドネス)トリビュートライブ「LOUDNESS TRIBUTE TO MUNETAKA HIGUCHI」のオープニングアクトを務めていたとのこと。

 

 

まさかの繋がりで見に行った「Vorchaos(ヴォルケイオス)」。

 

 

 

 

 

とんでもなくかっこ良かったですよ!

 

 

 

 

 

激しさとメロディの見事な調和、追随をゆるさない演奏力、一級品でした。

 

 

さすがオープニングアクトを務めただけありますね!!

 

 

正直僕は今回はじめてVorchaos(ヴォルケイオス)を知ったのですが、リピート確定です!

 

 

久々に耳もイカれましたしね(笑)

 

 

これも何かの縁、応援していきたいと思います!!

 

 

 

juniti volke1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

来月もLIVEありますよ!

 

ぜひぜひご参加くださいませ〜!

 

 

次回、ワンマンライブ!

 

 

Vorchaos Proudly Presents “Vortex of KAWASAKI!!2016”
11月26日 川崎セルビアンナイト
Open 17:15 Start 18:00
前売¥3,000/当日¥3,500(ドリンク別)

“Vortex of KAWASAKI!!2016 Vol.3”
Act:Vorchaos(One-Man LIVE)
チケット予約:e+

 

Print

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【セルフレビュー】 Singularity
冒頭の印象的なメロディーから始まりギターリフからラウドに駆け抜けるこの曲は、特異点というその名の通り既存のラウド、ヘヴィー系という一定の基準を持ちながらも、それだけでは説明し切れない楽曲。核となるのは歌の持つ力、音楽の普遍性、自分達である為の証明。それらを通して多くの人々と繋がる事への願い。
荒々しさ、強さ、弱さ、人の持つそれらを受け入れてなお前に進むVorchaosというバンドそのものを体現した曲でもある。ラウドミュージック、バンドサウンド、音楽を愛する全ての人へ。

 

 

 

この曲、凄く良いです!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Archives