問合せ

SNS

空き情報

鍼灸院ブログ

「ネットの情報は全部嘘」これくらいで調度良い

2017.07.11 カテゴリー:マインドメイク 院長のたわごと 

 

いまFacebookで流行のスパム

「ハッカーであるJayden K. Smithからの友情要求を受け入れないようにすべての連絡先リストに教えてあげてくれ」

というもの。

 

人の善意を利用し、チェーンメール化させるスパムメールですね。

 

拡散しても誰も得するわけではないので、単なる愉快犯だと思います。

 

挙句の果てにはこのメッセージを発信したヤツを知っている、という情報。

 

そしてこれがまた拡散される。

 

本当かどうかはわからないのに。

 

 

これより質の悪いのが、「大げさ」「明らかなウソ」「クリックしてしまいそうなネタを捏造」した見出しをつけた記事です。

 

アクセス数を増やせばお金がもらえる仕組みなので(アフィリエイト)、情報の信憑性などはどうでも良いのです。

 

より多くの人が興味を持つようなネタを考え出すのです。

 

 

 

最近では、各地で発見されている外来種のアリ「ヒアリ」の天敵が在来種のアリで、ヒアリと戦ってくれるので、むやみに殺虫剤をまくべきではない、という情報。

 

「シェアさせていただきます」

 

のコメントとともに拡散されていました。

 

僕はアリの専門家ではないのでわかりませんが、もし在来種のアリが戦ってくれてヒアリを殲滅してくれるのであれば、上陸してもこんなに大騒ぎしないだろうと思うのです。

 

おそらくこれはアフィリエイト、お金の為に書いた記事だと思います。

 

 

ネットの世界では、政治のこと、隣国のこと、人の発言の粗探し、または感動ネタなど色々情報が溢れていますが、本当かどうかはわからない、というのが正解でしょう。

 

Aという人物がBさんの悪評をばらまく。

 

Aが、BさんとCさんを仲違いさせるためにウソの情報を流す。

 

大きな事件を隠すために、別の事件をでっち上げる。

 

誰かに濡れ衣を着せて、世間から叩かせるように仕向ける。

 

 

このようなことは「孫子の兵法」や「三国志」によく出て来る話しですよ。

 

 

 

ぼくはいつもネットのネタは話半分どころか99%ウソ、として捉えています。

 

 

 

どうかネットの情報でイヤな感情にならないでください。

 

 

ウソの情報で論争するなんて、本当にバカバカしいです。

 

 

治療のこともそうなんです。

 

腰痛の本当の原因は〇〇だった!

 

という見出しを何回見たことか。

 

「腰痛」という言葉では幅が広すぎて原因はコレ、なんてことを絶対に言えませんよ。

 

 

正しい情報は、自分で判断しなければなりません。

 

とりあえずは、ネットの情報を鵜呑みにしない、これが正解!

 

 

 

そして僕は自分に言い聞かせます。

 

 

ネット上では「その情報が正しい」ということを証明するのがスゴく難しい。

 

ならば、自分自身が信頼できる人物にならなければならない。

 

いい加減なことは言えないのです。

 

治療のことも、筋トレ講座のこともです。

 

 

関連した過去の記事も読んで見てください。

ネットの情報に惑わされないために

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


カテゴリー

Archives