問合せ

SNS

空き情報

鍼灸院ブログ

この頃は何を考えていたのですかね?

2017.11.29 カテゴリー:院長のたわごと 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

子供の頃の写真が出てきました。

 

母親が持っていたものです。

 

40年以上前なので流石に時代を感じさせる衣装?ですね(笑)

 

 

場所は御徒町にあった、祖父が始めた宝石のケース屋の前で撮られたものです。

 

 

近かったので親戚のおばさんから「あんた大きくなったら東大行く?」と言われ

 

「行くいく〜!」

 

と叫んでいたのを思い出します。

 

 

恩師が東大病院で働いていたので東大には行ったことは、ありますけどね(笑)

 

 

この写真、2歳くらいかな?

 

 

丸々と太ってますね〜!

 

 

でもね、思うことがあるのです。

 

 

東洋医学では「先天の精」といって両親からもらったパワーをつかって生長することになっているんです。

 

 

僕はこれまで膀胱の良性腫瘍の手術以外、大きな病気をしたことないんですよ。

 

あまりに身体に負担をかけたり、食べ物が悪かったり、暴飲暴食したりで倒れたことはありますが、これは自分が原因。

 

 

基本健康。

 

 

これはスゴイことです。

 

 

昔はこんなこと微塵も思っていませんでしたが、今は感謝しかありません。

 

 

ありがとうございます!

 

 

というわけで、健康は大切。

 

 

どうかみなさま、自分の身体に目を向けてみてくださいませ!

 

質問があれば遠慮なくどうぞ!

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Archives