問合せ

SNS

空き情報

鍼灸院ブログ

 

2,4のビートとしてスネアを叩くとき、多くの人は左手で叩くと思うのですが、脱力してスネアを叩くとすごく楽に叩けます。

 

脱力すると狙い通りのリズムの位置に、大きな音で素早く叩けるのですが、今までの力任せの叩き方と大きく違うところがあります。

 

それは、スネアを叩いた瞬間、

 

 

鎖骨が一番下った位置にある

 

 

ということです。

 

 

 

力んでいたときは2,4のビートをスネアで叩くとき肩がちょっと上がっていたのですが、リラックスすると

 

 

ただ立っている

 

 

ときみたいに肩がだらりと下がり、ショットの瞬間に一番鎖骨が下がっている状態になっているのです。

 

 

うん、あっ!  うん、あ!

 

 

とビートを叩いたとき、左肩はどのような感じになっているでしょうか?

 

 

以前の僕は、明らかに力が入りフルショットで叩いた余韻(力み)がまだ左肩に残っている感じでした。

 

 

しかし、今はスネアを叩いた瞬間に一番リラックスしている感じです。

 

 

本当にちょっとした感覚の違いなのですが、良い音で大きな音が鳴るし、身体にも負担がかからないし良いことずくめなんですよ。

 

 

1曲思いっきり叩いても、どこも身体が痛くならない。

 

 

むしろほぐれている感じです。

 

 

これはどこにも力が入っておらず、完全なる脱力がニュートラルなポジションとして確立した証拠だと思っています。

 

 

僕の好きなドラマーはみんなスネアのショットのあとにリラックスしているように見えます。

 

 

以前はこのように見えませんでしたが、自分で意識するとそのフォームの意味がわかる感じですね。

 

 

 

絶対に身体が楽に使えるので、この感覚を日常生活に生かせればと思っています。

 

 

患者さんにどう伝えていくか?

 

 

これが今の課題です。

 

 

ドラムを叩くとき、左肩は下がっているべき!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


カテゴリー

Archives