問合せ

SNS

空き情報

鍼灸院ブログ

当院の治療方針と中医学について

2015.08.28 カテゴリー:村上鍼灸院について 

11909835_10207595042696925_980565953_n中医学の診察法は「四診」と呼ばれます。
「望・聞・問・切」で表されるその方法により、患者さんの「状態の全て」を把握するのです。
診察は治療院に入ってきたときの立ち振る舞い、歩き方、表情、話し方などからすでに始まっています。
さらに舌や脈、必要な情報を聞くなどし、気・血・津液や五臓六腑の状態を確認し病状を確定させます。
次に経穴(ツボ)を選んでいくのですが、経穴にはそれぞれ「特性」があります。
気を補うツボ、水を呼ぶツボ、熱を取り去るツボ、痛みを抑えるツボ、それぞれの臓腑の機能を整えるツボなどです。
病状を適切に把握することにより、どの経穴を使うかは自然と決まってきます。
経穴を刺激することにより身体のバランスは整えられ、自然治癒力が高まり健康へと導いてくれるのです。

村上鍼灸院の治療は、まず患者さんの状態を深く知るところから始まりますが、それには私自身のこともよく知っていただくことが重要だと思っています。
今まで歩んできた人生での出来事は、すべて鍼灸治療に役立っています。
治療家と患者の間にも「陰陽」があり、調和が取れている状態であればあるほど治療効果は増していくのです。

私の考え方や治療方法、更には過去の出来事に至るまでなんでも質問してくださいませ。

では、治療を開始していきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


カテゴリー

Archives