問合せ

SNS

空き情報

鍼灸院ブログ

軸を作って脱力する(お酒飲むと軸作れないw)

2019.04.16 カテゴリー:肩こり 「脱力」して健康に 自分のカラダを知っておく 日々の養生 マインドメイク 院長のたわごと 

 

先日の脱力ラボでは「軸」を作った上で脱力する、ということを力説してました、ワタシ。

 

色々な脱力を感じる方法があるのですけど、どれもまずは軸を作ってからでないと、ダルダルの脱力になってしまうので目的の動きが出来ないのです。

 

軸が1本頭から身体を通って足を貫き地面に突き刺さっている感じで停止。

 

歩くときは刺さったまま、地面から軸を掴んで動かしているように歩く。

 

こんなイメージでしょうか。

 

しかしね、やっぱりお酒飲むと(飲みすぎると)軸がブレブレになりますね、ホント。

 

身体のブレだけでなく思考もブレてきます。

 

土曜日には脱力ラボからのセッションで大量にお酒飲む。

 

翌日の日曜日、予約が朝から晩まで入っていて終わったときには夜、「疲れた〜」と冷蔵庫を開けたら大量の黒ラベル

 

3本飲んで撃沈。

 

昨日、つまり月曜日、かなり辛い症状で来てくださった方に「脱力すると身体が変わる」と熱弁しやりきった夜、「疲れたー」冷蔵庫を開けたら大量の黒ラベル

 

3本飲んで撃沈。

 

でも火曜日の朝、頑張ってキックボクシングに。

 

そうしたら、先週すごく調子良かったのに全然動けず!

 

先週はあまりお酒飲まずに頑張ってたから、スゴイ身体の調子が良くてイメージ通りに蹴れてスタミナもあったのに今日は全然ダメ。

 

身体は正直です。

 

思考も身体もブレない軸を作らないと、下がっていく一方なのでまた引き締めないと。

 

たまに飲む、だったら全然良いと思うんですけど、毎日僕の許容量を超えて飲むとダメですな(僕の場合は350mlを2本が適量)。

 

今回の脱力ラボの資料を貼り付けておきます。

 

自分のためにね(笑)

 

 

 

 

村上鍼灸院  第2回 くんくんの脱力ラボ       2019.4.13(土)

 

【はじめに】

身体の状態を説明する「言葉」に惑わされないようにする。

脱力していると、実際は力を使っているにもかかわらず、その状態を説明するときに自身の感覚として

「力を入れていない」としか説明出来ない。

※プロフェッショナルな人が自分の技術を説明するときにこの様なシーンを多々見かける。

 

【仮説】

脱力とは、身体に1本の不動の「軸」を作った上で、手足(や喉)を軽やかに操作することである

 

1.どんなときに力が入っていると感じるか?

自分の日常で力んで上手くいかないことを思い出してみよう。

力みをちゃんと認識する。力んでいると気づいていないことも多いぞ。

 

2.肩をいかり肩にして、スッと力を抜いてみる。

腕の重みが両足に「ドーン」と来るはず。

 

3.腕を振り下ろしてみる

肘を曲げて腕を上げ、ダラっと下ろす。ゆっくり降ろさないで、脱力させてダラっとさせること。

次に前腕を回内させながら降ろしてみる。より力が抜けるのを確認出来る。

身体が自然に動く方向は、人間の骨の形や筋肉の付き方で予め決まっていることを知っておこう。

 

4.軸を作ってみよう

頭を天井につける → 指先を反らして遠くに伸ばす → 目線を真っ直ぐにする → 恥骨と仙骨をくっつける 

→ 足の指先を反らして遠くに伸ばす → 足の裏に全体重がかかっていることを感じる → 軸完成 

⇒ 軸を感じながら深呼吸をしながら首や手足を脱力してみる。

 

5.鎖骨から腕を振ってみよう

軸が出来たら「体幹」を使って身体を操作してみる。これで肩こりは解消出来る。

 

6.強制的に肩を脱力させてみよう

肩を上から抑えてもらい、それに抵抗するように力を入れてみる。

肩がかる〜い!!

 

7.腹式呼吸をしてみよう

 両手で脇を触りながら深呼吸(横の膨らみ) → お腹に空気を入れる(縦の膨らみ)

※腹式呼吸をすると、軸の重心がヘソの下あたりに落ち着く。

 

8.「意識」を変えて身体を操作する。

 目をつぶって片足で立つ(不安定) → 「片足で地面を押す」に意識を変えると、安定する。

 

9.では改めて軸を作ってみよう!(2や3をまたやってみよう)

頭が天井から吊るされ、足は地球に引っ張られ重力を感じる。身体に一直線の「軸」をつくり、歩く、座る、歌う、ドラムを叩く。腕の重さ、足の重さを感じて動かす。腕を上に上げるときは力を使うけど、下ろすときは重力に任せて力を入れない。筋肉は「縮む」という作用しかなく「伸ばす」ことは出来ない。肘は伸ばしているように見えて上腕三頭筋が縮んでいるのだ!

つまり、重力に逆らうときだけ、力を使えば良いのである。筋肉に張りが出るくらい力を入れないと大きい音や声が出ないのではないかという不安を払拭する。

 

10.カメラに向かって感想をお願いしま〜す!

 

終了!

 

 

 

 

 

 


 

 

通常初回施術費15000円(初診料5000円+施術費10000円)

1日1名限定 ■脱力のための鍼灸治療(ベーシック)

約93%オフの

初回980円

※初診の方に限る
※通常の行っているものと全く同じ施術です

(初回カウンセリング+施術40分〜60分)

 

肩コリにお悩みの方は特にオススメいたします。

 

また、

美容鍼(ベーシック)

ボーカリストのための治療(お着替えなし)

も同じく初回980円にてお試しください。

 

 

【予約方法】

・簡単な症状をご記入ください。

・2019年4月末までで、確実にご都合のつく日時を3つほど記入してください。24時間以内に必ず返信します

例:4/14(日)14時から、4/15(月)19時から、4/16(木)10時から(必ず3候補でなくてもかまいません)

※治療時間は問診を含めて60分ほどです。

 

LINE@にご登録いただいてご連絡、HPのご予約フォームから、SNSでつながっている方はメッセージなどでもかまいません。

 

友だち追加

 

ご予約フォーム

 

簡単なアンケートにご協力ください。

治療の感想をお聞かせいただけると幸いです。

2019年4月末までの日時でご予約ください。

 


 

脱力Tシャツ、2500円にて絶賛発売中!S、M、L、XL、XXL、色は赤とピンクと黒があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Archives