WEB予約

SNS

空き情報

鍼灸院ブログ

ペダル選びは難しいな〜

2021.10.07 カテゴリー:(番外)音楽のこと 院長のたわごと 

 

ペダルでまた悩んでます。

友人カスタムのペダルもよかったのですが、YAMAHAの710(ひぐっつぁんと同じやつ)をまた使ったら、やっぱり良くて(笑)

ずーっと使ってきたから足首が710に慣れてきてしまっているのかな。

 

でもこのペダルを使い続けてもいつかは壊れるだろうし、足を鍛えるためには別なペダルを使いこなすことで得られるものは大きいと思いまして、新しいやつを試奏してみました。

 

やっぱりPearl以外を使うわけにはいかないので(710はひぐっつぁんが使ってたから特例w)、この二つを。

Demonシリーズのダイレクトとチェーン。

 

 

P-3000D Demon Direct Drive Single Pedal

P-3000C Demon Chain Single Pedal

 

 

どちらも踏み心地はとっても軽いのにパワーが出ますね。

 

ダイレクトドライブは慣れていないので普通のエイトビートの

「ドドタン、ドドタン」の「ドド」

がカスルことがありましたが(笑)、だんだんできるようになってきました。

 

ほんの10分程度の試奏だったので細かくはセッティング出来ませんでしたが、ほんとその名の通り

ダイレクトドライブは「踏めば鳴る」みたいなダイレクト感。

細かい動きに良さそうです。

 

チェーンは710と似たような感触で、馴染み深い感じ。

ていうか、これ良いかも!?

 

 

僕は超高速ビートが必要な音楽は好みではなく、バスドラムの生音がしっかり響く叩き方をしています。

ペダルのバネは緩く、ビーターをブラブラさせておいて戻ってきた反動を跳ね返す感じ。

「叩く、踏み込む」

というイメージを持たないようにして、かなりの確率でビーターをバスドラのヘッドに押し付けないオープンショットを使うんです(バスドラの響きが好きだから)。

 

それを実現させてくれるのはチェーンの方かな〜。

 

 

ダイレクトドライブは現代音楽で脚光を浴びている小口径バスドラムや超高速ビートに向いている感じがします、あくまで私感ですがね。

 

ダイレクトドライブを使いこなせれば幅が広がるだろうな〜、と思いつつ、多分チェーンの方を近々購入すると思います。

そして710以上に使い込んでみます。

 

ドラムって肉体的にな楽器だからセッティングにすごく左右されるんですよね〜。

ドラムセット自体だけじゃなく椅子の高さや椅子の位置までも。

ペダルはいわばスティックと同じだから重要に決まってます。

いつかは「弘法筆を択ばず」といきたいところですが、あと100年くらいかかるかな(笑)

 

 

 

秋葉原リボレさん、ありがとうございました!ためになりました!!

 

 

 

ご質問にも絶賛お答え中!

ドラムのこと、健康相談、各種お悩み、ご自身の姿勢の画像などを送ってくださっても構いません♪



下のLINE友達追加からご連絡くださいませ〜!

ちなみにLINEの「友達追加」をしても僕のところには登録人数が増えたことがわかるだけで、

誰が登録したのかは分かりませんのでご安心くださいw


村上鍼灸院のお問い合わせ・ご予約はLINEからどうぞ

身体の健康、ドラムの質問などを受け付けています。
コメントやメッセージでお知らせください。

友だち追加

ご予約フォームからのご連絡もできます

お電話はこちら

tel:090-4628-8253

 


脱力Tシャツ、脱力マスク、脱力トートバッグ絶賛発売中!

新作もあるでよ〜!!

これとか

【脱力Tシャツ】オリジナル脱力グッズ

 

こんな鍼や整体をしてます。

 

“ペダル選びは難しいな〜” への2件のフィードバック

  1. 樋口様信者 より:

    ダイレクト。週末師匠のレッスンに持ち込んで、一つのジャッジが出ると思います。OKにするにも、NGにするにも、自分では判定しかねているし、ヤマ勘で決めるだけだとスキルにならないので、楽しんで結果を待ちます。

    ついしん。ギックリのツボ教えていただき大変助かりました。効き具合のすごさ、北斗神拳並みですね。びっくりしました。

    • 管理人 より:

      ダイレクトドライブはまだ違和感しかないですけど、叩いてる人の動画みてるとすごいことができそうですね(笑)
      ツボ、効いてよかった!インスタでは知らない人からよく感謝のコメントがきますw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Archives