問合せ

SNS

空き情報

鍼灸院ブログ

(番外)フォームこそ、その真髄

2016.03.22 カテゴリー:(番外)音楽のこと 

10154198_10209078466821601_1168810631040317253_n

[音楽のこと]

ドラムの師匠、樋口宗孝の最大の特徴はそのグルーヴである(フィルにもグルーヴがある)。

リズムを聞いただけで

「これ樋口だ!」

と分かるそれを持っているのは、世界のドラマーでも数えるほどだ。

 

単純なリズムで、ポップミュージックでも特徴的

[Heart and Soul / 浜田麻里]

 

 

軽くなりがちなハネ系の曲でも重厚なリズム

[RED Hot / SLY]

重戦車のような安定感。

これほどバックビートの効いたリズムを誰が叩けるだろうか?

グルーヴを生み出すために必要なのは、まずイメージ。

想像は創造なのであるから、頭の中でリズムができていなければ叩けるはずがない。

 

 

もうひとつは「フォーム」

同じグルーヴで叩こうと思ったら同じフォームじゃなければならない。

最近ペダルを新720に変えて、ビーターを師匠である樋口宗孝と同じ角度にしたところ、フォームがさらに安定したのだ!

ビーターの角度は、いわば手を振り上げる角度と同じ。

そういうわけだったのだ。

 

 

樋口宗孝のフォームといえば・・・

・かなりの猫背である。

・ドラムから椅子の位置が離れている(ドラムから遠い)。

・椅子が低い

・ペダルのプレートの真ん中より、つま先側ではほとんど踏まない

独特のグルーヴを出すためにはこのフォームでなければならなかった

そして、このフォームにはこのペダルセッティングでなけらばならなかった、のである!

 

 

さらに気づいたことがある。

 

 

似てるのだ、鍼と音楽は。

鍼灸でも、鍼の師匠が打ったときの独特の「響き」は他の先生のそれとはまったく違う。

これに魅せられて弟子入りしたようなのものだ。

だからよーく観察する。

師匠が鍼を打つ時の立ち位置、鍼をつかむ手の形、鍼を叩き刺入の仕方、鍼を身体に入れ込んでいくその指先の動き。

つまり「フォーム」を。

そのフォームから入れられた鍼の「響き」は、ドラムでいえば「グルーヴ」のようなものだ。

その人にしか出せない「響き」「グルーヴ」。

それを具体的に実現させるもの、それが「フォーム」

 

同じなのだ!

 

 

「神々のいただき」を読んでいたらこんな口調になってしまったこと、お許し下さい(笑)

 


村上鍼灸院、院長のライブ情報♪

【 緒方豊和evolution 】でドラム叩きます!

 

「NAOTO PROJECT〜Crystal Peach〜レコ発ライブ」

<公演日> 2016年5月15日 (日)
<会場> 目黒ライブステーション
<開場> 16:30
<開演> 17:00
<チケット> 前売り3,500円 当日4,000円
(ドリンク代別)
<出演> ZipRipFuzZ / Tribal Soul / 美女丸バンド / 処刑羅威堕亞 / NAOTO PROJECT〜Crystal Peach〜 / 緒方豊和evolution

【 緒方豊和evolution 】メンバー
Vo.緒方豊和(tubTRaCK ex.ASH ex.MAJESTY ex.CRAZE)
Gu.吉井孝之(Jun&8Balls)
Ba.雨宮健司(王様、五條真由美etc.)
Dr.村上くんくん真人(tubTRaCK、ROCKCHILD、UNTRAD)

★出演時間 21:00〜 (トリ 50分ステージ)

===チケット取り置き===
以下アドレスに名前と希望枚数を送ってください。
◾toyokazu1015@gmail.com
◾各メンバーへの個別連絡

第3期LOUDNESSのカヴァーを中心に、ASH、MAJESTY、CRAZE、tubTRaCKと進化していくヴォーカリスト緒方豊和の歴史を凝縮したライブ。

ドラマーは第三期ラウドネス〜SLYまでローディとして樋口宗孝を支えた村上くんくん真人。

“(番外)フォームこそ、その真髄” への2件のフィードバック

  1. 片渕 正宣 より:

    取り合えず私もビーターの角度を変えてスタジオで試してみたいと思います!d(^-^)

    また、何か気が付いた事が有れば教えて下さいね♪(^^)

    ありがとうございました♪(^_^ゞ

    • 管理人 より:

      ちょっとの角度でだいぶ感触が違いますからね!
      ともに日々、研究していきましょう♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


カテゴリー

Archives