問合せ

SNS

空き情報

鍼灸院ブログ

これも小顔のため!「続かない人のための筋トレ講座」その1

2016.05.29 カテゴリー:筋トレ 大胸筋 筋トレのメンタル 

150711109603_TP_Vさて、この講座では、最短で肉体改造をしようとか、効率的に筋肉をつけようとか、

「変わろう!」とヤル気に満ち溢れている人は対象外です(笑)

でも、結果的に「最短だった」と言えればいいな、と思ってますけどね。

 

 

【富士山で例える一般人の筋トレピラミッド(独断)】

頂点:いつでもタンクトップ!

8,9合目:若いうちから体育会系で今でもテンション高く継続

7合目:定期的にジムに通ってスリムもしくは健康的な体型を維持

6合目:軽い筋トレに加えラン&ウォークなどで体型を維持

5合目(車でいけます):わかっちゃいるけど辛いのムリ OR 以前やってたけど挫折。でもやってみたいとは思ってる。(←かつての私)

麓の繁華街:運動ってなんですか?(←これもかつての私)

 

 

 

さあ、はじめましょう、5合目以下の方!

 

 

四の五の言わずにとにかくやってみる!

 

 

というのも真実なのですが、やる前に知っておいてほしいことがあります。

 

 

 

筋トレ初心者の方には特に見てほしいのです。

 

この3つだけ覚えておいてください。

 

 

 

1:目的をハッキリさせておく

筋肉をつけ、健康になる。

筋肉をつけ、痩せる。

筋肉をつけ、小顔になる。

筋肉をつけ、スタイルが良くなる。

筋肉をつけ、モテる。←1番大事

 

 

なんでも良いんですが、どうせなら

 

 

想像しましょうよ、モテてる自分を!

 

 

1人でニヤニヤするくらいに!

 

 

冗談を言っているわけではないのですよ。

大切なんです、想像力、いや妄想力!!

これが継続するための1番の原動力です。

ヤル気が失せたら、最初の「目的」を思い出しましょう。

ていうかもう書いておきましょう!

 

 

 

2:怪我をしないようにする

フォームを崩してまで回数をこなす、というのは間違っています。

限界と思ったら、そのギリギリ頑張っているその姿勢をキープしてください。

身体やダンベルを持ち上げきったら筋肉が付くわけではないのです。

むしろ持ち上げきったら筋肉が休んでいる状態になります。

ムリをしてフォームを崩して持ち上げると、怪我をして筋肉痛ではない痛みが出ます。

こうなったらもう筋トレを続けることは出来ないでしょう。

まあ、最初のうちはギリギリまで頑張る、という筋トレはやりませんけどね。

 

 

 

3:狙った筋肉に「効かす」ように意識する

鍛えている筋肉を意識すると効果が倍増します。

それには筋肉が身体の「どこから出て、どこに止まっているか」を知っておくと非常によいです。

これを筋肉の「起始停止」といいます。

人の身体は、

「筋肉の止まっている場所」が「筋肉の出ている場所」に近づく

という動き方をします。

 

例えば力こぶの筋肉、上腕二頭筋

 

この筋肉は「肩甲骨(上前肩あたりと思ってください)」から始まり、肘をまたいで「橈骨」という前腕の骨にくっついています。

「肘を曲げる」という動作は「前腕」が「肩甲骨」に近づく動きをしてますよね。

つまりこの動きに対して負荷をかければ、上腕二頭筋が鍛えられるということです。

さらに言えば、手のひらを上にした状態、つまりドアノブを回すような動作をした状態で肘がまっすぐだと「停止」と「起始」の位置が1番遠いポジションになり、上腕二頭筋を効率よく鍛えられるフォームになるのです。

 

 

このように筋肉の付き方が理解できていると、鍛える筋肉を明確にイメージすることができます。

怪我もしなくなりますし、筋トレでストレッチの効果を出すこともできます。

 

 

明確に筋肉をイメージできている

効率よく筋肉を鍛えられる

筋肉が付いていることを実感できる

うれしい♪

モテ期到来

 

 

完璧ですね!

 

 

まずは腕立て伏せで大胸筋を鍛えていきましょう!

 

なぜ腕立て伏せか?

 

そのやり方は?

 

それは次回!

 

 

 

 

出張治療もやってます!】

出張治療はこんな時に使えます。bigann

◆美容鍼の施術をプレゼント!

大事な日の前日に美容鍼の施術。

友人の誕生日に美容鍼の施術をプレゼント。

パーティ会場で美容鍼の実演。

◆お疲れのあなたに、出張で伺います!

頑張った自分にご褒美のマッサージ。そのまま寝れます。

お父様お母様へ感謝の気持ちで癒やしのマッサージをプレゼント。

ぎっくり腰などで動けない方へ出張での治療。

詳しくはこちらから


土日も営業しております

▼ご予約・お問い合せは
今すぐコチラから!
↓↓↓
090-4628-8253
予約フォーム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


カテゴリー

Archives