問合せ

SNS

空き情報

鍼灸院ブログ

人はどこかでつながるのだ!

2018.04.21 カテゴリー:院長のたわごと 

 

実家に自動演奏のピアノがあった。30年くらい忘れてたが(๑˃̵ᴗ˂̵)

村上 真人さんの投稿 2018年4月17日火曜日


これは実家にあるアップライトのピアノなのですが、うちの家族誰も弾けないんですよ。

 

なので自動演奏のシステムを入れて弾いてもらっているのが、この動画。

 

もう30年以上前に購入したピアノで、確か最初から自動演奏のシステムを入れていたような気がします。

 

母親は声楽をやっているのだけど全く弾けなくて、自分の音を取るために購入したようなものなのですが、ついでに生演奏してもらおうということなのかな。

 

 

ちなみにこれ弾いてるのブーニンらしいです(笑)

 

 

自動演奏してくれるからといってもそこは生楽器、調律しなければブーニンも怒ってしまうでしょう。

 

 

で、ここから不思議な出会いがあるのです。

 

母曰く、しばらく使ってなかったピアノを20年ぶりに調律しようと思い立ったのが5年ほど前、どの調律師が信頼できるかなんて分かるわけでもなく、知り合いのピアニストに調律師さんを紹介してもらったらしいのです。

 

 

 

来たのは「大丈夫かな?」と思わざるを得ない80歳を過ぎたおばあさん(といったら失礼ですが)、とにかくお年を召していたと。

 

 

しかし、話をしているうちに衝撃の事実が発覚するのです。

 

 

なんとこの調律師の方、

 

 

 

 

 

 

45年前に村上家のピアノを調律していた方だったんです!

 

 

 

 

 

 

現在、実家があるのは千葉県松戸市ですが、僕の母方の祖父・祖母は戦後大阪から東京・御徒町に移り住んで、宝石のケース屋を営んでいました。

 

 

娘が5人いて、末娘(僕の叔母)がピアノを習っていたので、御徒町の家にはピアノがあったのです。

 

 

このピアノを調律していたのが、なんと今回来てくれた方なんだとか。

 

 

おそらくこの調律師の方が26歳くらいのとき。

 

 

松戸に住んでいて、松戸近辺に住んでいる母の友人に紹介してもらって、来てみたら御徒町で45年前に会っていたと!

 

 

なんという偶然。

 

 

この調律師の方に3週間ほど前にまた調律してもらったので、早速弾いてもらいました。

 

 

そんなピアノの自動演奏を聞きながら、

 

 

なぜ、僕が小4の時に言われた言葉、

 

 

「あんたもピアノやる?」

 

 

の返答が

 

 

「そんな女みたいなこと出来るか!」

 

 

 

だったのを、今でも深く後悔しているワタクシなのでありますけどね(笑)

 

 

 

中医学の考えは宇宙観にも及ぶのですが、人ひとりの中で経絡がつながっているのだけじゃないんだな、と思わせてくれる出来事なのでした。

 

 

 

人がいないとつまらないですよ、世の中♪

 

 

 

最近また美容鍼の予約が増えてきましたね。

春だからかな。

肩こりも同時に施術して、スッキリとした笑顔で出会ってください♪

最近は院内にお花を飾るようにしてます

 

美容鍼で小顔に、健康になる。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Archives