問合せ

SNS

空き情報

鍼灸院ブログ

二日酔いに効くツボ

2018.01.22 カテゴリー:中医学のお話 日々の養生 院長のたわごと 院長からお知らせ 

 

 

 

先日、鍼灸学校時代の同級生と飲んだのですが、大いに盛り上がり飲み続けること6時間、久々にリバース(お察しください)を体験しました。

 

 

翌朝、気持ち悪いですね、さすがに。

 

 

こんな時に使うツボ、あります。

 

 

 

内関

 

 

 

手前が内関穴。手首から指三本のところの中心で、2本ある腱の間。

 

実際の治療でもよく使います。

 

手の厥陰心包経に所属する内関穴。

 

「心包」は心を包み防御していて、外邪が直接「心」を犯すことが出来ないようになっています。

 

なので、精神不安や不眠、動悸・狭心症などに使います。

 

これは「寧心・安神」の作用。

 

 

もうひとつ、内関は胃腸の不調を助けてくれる力があります。

 

 

悪心、嘔吐、ゲップ、しゃっくりなどにも効果があるんですよ。

 

 

これは内関が「手の少陽三焦経」とつながっていることと関係があります。

 

上・中・下の三焦の連絡が上手く行かなくなると、特に胃腸の具合(中医学では「脾胃」といいます)が悪くなるんですね〜。

 

すると「胃気上逆」という悪い状態になり、気持ち悪くなったりしてしまうのです。

 

 

内関は心にも、胃にも優しい名穴です。

 

 

酔い止めのツボとしても有名ですね。

 

 

もし、不安感や動悸、それに二日酔いなどで気持ち悪くなってしまったら内関にお灸をしてみましょう。

 

 

はい、僕もやってみます♪

 

 

 


こんな感じでお灸教室をやりますよ!

 

 

村上鍼灸院 お灸教室

自分の体質を知り、体調を整える。
腰痛、膝痛、冷え、風邪、花粉症などの対策、またメンタルにもお灸は有効です。
お灸のある生活を取り入れてみましょう。

料金:1000円(お灸、テキスト付き)
場所:浅草橋 村上鍼灸院
時間:13時45分受付開始、14時スタート(約1時間)

参加表明はFacebookページから!

https://www.facebook.com/events/168899373868234/?active_tab=about

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


カテゴリー

Archives