問合せ

SNS

空き情報

鍼灸院ブログ

僕の爪に黒い線が・・・(爪甲診)

2020.01.03 カテゴリー:中医学のお話 自分のカラダを知っておく 日々の養生 院長のたわごと 

 

前回のブログで「黒は冬・腎」に関係があり僕自身「腎」が弱ってきているとお伝えしましたが、僕の爪にありました、黒い線が。

 

黒ですよ黒!

 

脱力脱力と騒いでいますが、僕は元々(今もですが)中医学的な診断で治療しており、鍼の師匠もその筋では超有名な呉澤森先生です。

 

なので今でも脈・舌はもちろん、耳や爪の状態も患者さんの状態把握のために使うことがあります。

 

 

そんな僕の爪に黒い線が・・・

あ〜。

 

 

呉澤森先生の著書「証の診方・治し方」の中ではっきりと書かれています。

 

「重度の過労、重度のストレス、栄養失調などではまず拇指に(線が)現れる。

〜中略〜

臨床では、爪根から1本または数本の黒線が伸びている場合、肝腎陰虚を示し、内臓機能低下・免疫機能低下・ビタミンB12大量消耗の関与がある」

 

だ、そうです。

 

確かに12月は異常なまでに忙しかったですからね。

 

栄養失調ではありませんけど、過労とストレスはあったかもしれません。

 

「肝腎陰虚」は陰液が不足する状態なのですが、腎陰虚になれば肝にも及ぶのです。

 

前回のブログの並び順、ありましたよね。

 

五臓肝・心・脾・肺・腎

 

です。

 

左隣の臓器が影響するので、腎が弱ると肝にも及ぶということです。

 

 

12月の後半、身体が弱ってました、私。

 

お正月は身体を温め、ゆっくり休めるのが吉ですね。

 

ちなみに爪が白色だと「疲れ・血の不足」、紅色だと「熱証・瘀血・出血」、黄色だと「湿熱証・肝胆疾病・甲状腺機能低下症」などに関与する可能性があります。

 

 

爪はザラつきがなく、ツルッと透明で淡紅色に見えるのが良いでしょう。

 

ささくれだったり、斑点はザラつきや黒い線、ボコボコした線などは病気のサインです。

 

チェックしてみてください。

 

 

呉先生の書籍にはっきりと!

親指に黒い線。そしてちょっとボコボコしてる。まあ、年取ったってのもありますけどね〜(棒)

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


カテゴリー

Archives