問合せ

SNS

空き情報

鍼灸院ブログ

肝は怒り、肺は悲しみの臓器

2020.11.06 カテゴリー:中医学のお話 マインドメイク 院長のたわごと 

 

今はコロナ騒動真っ最中でもあり、いろんなところで「怒り」に満ちてますね。

 

「怒り」は人間関係にも少なからず影響してくるでしょう。

 

東洋医学だとストレスは肝(西洋医学の肝臓とは違う。しかし共通点も多い)に影響があることになっており、「怒り」の感情は肝にダメージを与えます。

 

世間の出来事や誰かに怒ってばかりいるとイライラが溜まり身体のあらゆる箇所・経絡の「気の出入り」が悪くなります。

すると脇や乳房のあたり、下腹部などに不快感が出ることになっております。

 

肝は各所の気の流れを調節しているので、滞ることもあれば

気と血が爆発的に上昇してしまうこともあります。

 

感情の爆発だけならまだしも、吐血・喀血したり昏睡状態になってしまうこともあるのです。

 

怒り続けているとしわ寄せは結局自分自身に降りかかってきます。

 

怒りは相手を痛めつけることがありますが、同時に

自分も傷を負うのです。

 

 

さらに、肝は脾(胃腸系)を傷つけます。

東洋医学では胃腸が傷つくと肺も弱ることになっているので、特にこれからの季節からは気をつけたい感情の推移ですね。

肝は怒りの臓器、

肺は悲しみの臓器。

怒りは悲しみを呼び起こしますよ。

 

弱った身体には、ウイルスもたやすく進入してくるでしょう。

 

そうすると悲しみは目前。

 

どうか体も心も脱力して健全な肉体と精神をキープしてください。

大変な時代ですけど、肉体と感情をコントロールしてなんとか乗り切りましょう!

 

 

 

 

音楽仲間がもっていたラウドネスグッズと、なぜかセーラームーンw

これまた音楽仲間から頂戴した「型抜き」。子供の頃良くやったなあ、一度も抜けなかったのでこれでリベンジだ!ありがとう〜♪

先ほど食べたお昼ご飯はローソンのブランパンでチーズとバター、マヨネーズ、サニーレタスを挟んだもの。バターたっぷりで満足感大。糖質は約27グラムかな。

 


 

村上鍼灸院のお問い合わせ・ご予約はLINEからどうぞ
友だち追加

ご予約フォームからのご連絡もできます

お電話はこちら

tel:090-4628-8253

 

身体の健康、ドラムの質問などを受け付けています。
コメントやメッセージでお知らせください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


カテゴリー

Archives