問合せ

SNS

空き情報

鍼灸院ブログ

お通じの状態を確認しましょう(身体リセット初日)

2017.01.05 カテゴリー:日々の養生 

 

身体のリセットということで、炭水化物をあまり食べず、必要な栄養素をしっかり摂取して、運動をしました。

 

すると、お正月に食べ過ぎてお腹が張っていたのが、ウソのようにスッと出て行きましたね。

 

 

僕の場合、便の出が悪くなるパターンは「食べ過ぎた時」です。

 

お腹がいっぱいなのに、美味しいものを目の前にしてさらに食べる、ということを続けると、なかなか出なくなります。

 

出ても少量だったりするのです。

 

体調も当然あまりよくありません。

 

 

そんな時どうするか?

 

 

僕は下記の方法をとります。

 

 

・水をたくさん飲む

・ココナッツオイルなどの油分を摂取する

・腰をヒネるようにウォーキングをする

・必要以上に食べない

 

だいたいこの4つで出ていきます。

 

 

しかし、そもそも出にくい状態にしないことが重要ですよ!

 

 

食物繊維の多い「きのこ類」や「野菜」が沢山摂れ、身体を温める鍋料理はお通じに良い食事と言えますね。

 

雑炊やうどんを入れると美味しいですが、それは食事の絶対量や「糖質」の摂取し過ぎになりますので控えましょう。

 

 

また、僕の場合は食べ過ぎた時、直後にウォーキングがをするとお通じが良くなります。

 

「食後は安静」というのは僕には当てはまりません。

 

食後に激しい運動は論外ですが、ウォーキング程度の運動をしたほうが僕は確実に体調が良いです。

 

特に炭水化物(糖質)を食べた時はその傾向が強いです。

 

 

 

 

ちなみに便の内容は食物繊維が多く、

 

炭水化物=糖質+食物繊維

 

なので、お米などを沢山たべると便の量も多くなります。

 

なんらかの原因で便秘になると、硬い便になったりして陰部を傷つける可能性もあるので、年齢を重ねるごとに気をつけなければなりません。

 

 

便の状態は身体の状態を知る重要な情報になります。

 

便秘や下痢が身体に良い訳ありません。

 

もし、お通じに問題がある場合、普段の食べ物や運動の方法を見返してみてください。

 

ご相談もお待ちしております。

 

 

【1/5朝の計測】
体重:69.7kg(前日より-1kg)
体脂肪:20.3%(前日より-1%)

【前日の運動】
ウォーキング1時間、ゆっくり腕立て10回、ゆっくりスクワット10回、股割りストレッチ

img_1345

朝から火鍋w!でも糖質オフ!

img_1346

おやつにライザップのプリン。糖質7gは優秀!

img_1347

夜ご飯のナマス。旨い!やるなウチの嫁!

 

img_1348

鍋作ったら夜も鍋はあたりまえ。昼ごはんはナッツとバターで済ませました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


カテゴリー

Archives